✩ Жизнь ✩

日々、考えたことを。

わがまま

わがままだ、わがままだとすべてを切り捨てて行くと無だけが残るんです。

なにか有益な発言しようと思うと、いくらでも頭の中で反例が浮かんで、無に戻る。

 

ただ、少しだけ、というか一つ二つくらいは自分で見つけた答えがあって、

それだけを信じて生きれば、どこまでも行ける気がする。

 

恋が叶わないのを嘆くのはわがままだろうか?っていう問には、『60歳になるまで交友関係が保てれれば勝ち、長い目で見るべき』っていう答えが待ってる。『青春は老後のこと』だと思ってもいる。

自分で為すことのうち、わがままじゃないことってほんの少し。

 

なるべくわがままを切り落として生きていこうと思う。

それすらもわがままなのかな?笑